« umie compilation album4 | メイン | umie compilation album6 »

2008年07月02日

umie compilathon album5

bando-band

bando-band
bando-band

ロバのバロウズ
作曲:大久保かおり

bando-band
プロフィール

イラストレーターでバンドネオン弾きの大久保かおりが、
画いてみたい世界を音にするために結成したバンド。(2007年2月結成)
バンドネオンはタンゴの楽器ですが、あえて、
ジャズミュージシャン達と、世界を創り出しています。

メンバー
Bandoneon:大久保かおり
Piano:中村力哉
Bass:マーク・トゥリアン
Percussion:よしうらけんじ

bando-bandホームページ

bando-band
この曲を選んだ理由
bando-bandらしい曲のひとつとして…

umieさんへひとこと

2008年1月、umieでのライブが実現。
いつまでも居たい、大好きな場所。
また、ライブに行きます!

bando-band
今年の1月に行われたbando-bandのライブ、 バンドネオン 大久保かおり、ベース マーク・トゥリアン、ピアノ 中村力哉、パーカッション よしうら けんじ、心地いい音色を生み出す4人のセッション。結成一年、新しい独自の音楽を創りあげたそれは心に残るライブでした。

バンドネオン、ベース、パーカッション、ピアノ、音が揺れ、弾み、響き、重なり合う。体で、手で、指先から楽しい音が奏でられていく。まさしくに音を楽しむとはこのこと、たちまちbando-bandが作り出す世界に惹きつけられてしまいました。
バンドネオンの大久保かおりさんはumieのファンであったこと、大久保さんがくれた1本の電話がこんなに素晴らしい、楽しい大人の音楽を僕達に与えてくれました。

先月、ピアノの中村力哉さんとumieで再会、一月のライブのときumieのカレーを絶賛してくれた中村さん、高松・サンポートでのライブ終了後、わざわざ仲間を連れてumieのカレーを食べに来てくれました。
ブログにも書いてくれたり、かなりumieのカレーが好きになったらしい。
そんなこともあって身近な存在になったbando-band、またumieでライブをして欲しいと思うバンドです。

漂泊

漂泊

漂泊
今日は昼過ぎに大工町のアカネビルにある旅とステーショナリーの店「漂泊」へ。コンピレーション アルバムの中に入れるプレゼントを探してもらうことと、アルバムを店に置いてもらおうと相談に行ってきました。いいプレゼントが見つかりました。ライブ時にアルバムを買ってくれた方限定のプレゼントです。中身はアルバムを空けてのお楽しみです。
昼下がり人を遠ざけたような大工町、ひっそりとかかっている「漂泊」の看板がやけに似合っていた。店内は喫茶スペースが出来ていていい感じです。カウンターで飲むコーヒーは旅気分にさせてくれる。

森國酒造

ボワエデュポン
会社に戻り、森國酒造さんの新しいラベルのイメージ撮影をした。オリーブの新漬け、佃煮、くきわかめにオリーブの葉を添えて小豆島らしい写真になりました。今日は仕事仲間とHPの完成の打ち上げを兼ねて、屋島にあるボワ・エ・デュポンさんでちょっと贅沢なランチを頂いてきました。
僕の息子のような若いウエブデザイナーたちとの話は面白かった。自分達のやりたいことを優先している彼らの仕事ぶりは大人顔負けです。
仕事を超えて、いいものを作るんだという彼らのエネルギーは眩しいほどだ。

umie コンピレーション アルバムの紹介も5曲目になった。毎日ライブの記憶とたどりながら書いています。今日は歌詞カードのデザインができました。いよいよ完成までもう少しです。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://umie.info/mt/mt-tb.cgi/1136

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)