« 無添加な暮らし | メイン | 人とものとココロを繋いで・・・ »

2009年05月14日

まあるい毎日

 
今年の一月のある日、東京のある出版社の書籍編集部のSさんから一通のメールが入ってきました。
今企画している書籍のブックデザインをお願いできないかという内容。
そしてumieのホームページを見て書籍のイメージにぴったり合っているように思い、可能であればぜひお仕事をお願いできるとありがたいとか書かれていました。
突然のメールに戸惑いましたがブックデザインという新しいデザインの領域にチャレンジする気持が優先、引き受けることに。
すべて打合わせはメールでやりとり、120ページの書籍一冊のデザインは緊張の連続でしたがSさんの優しいやり取り、打合わせに助けられて何とか校了しました。Sさんと同年代のDNAスタッフ川井と住野と皆の心意気がいい仕事になりました。
色校正を終え、そして刷り上ったばかりの本が届きました。
タイトルは「まあるい毎日」和っていいね。
著者の和西小牧さんは住職だったお父様から受け継いだ精進料理をもっと身近にと今のライフスタイルに合ったレシピと暮らし方の提案をしています。
そんな和西さんの日常と料理とレシピが詰まった毎日がまあるくなる本です。
素敵な写真、イラストを見るだけでゆっくり丁寧に生活を送ることの大切さを感じさせてくれます。
■まあるい毎日 CAFE STYLE JAPANESE LOHAS SHOJIN FOOD
■著者:和西 小牧
■1,260円(税込み価格・本体:1,200円)
■出版:佼成出版社
5月25日発行
ゆっくり丁寧に生活を送ると、自然と心がまあるくなる。日本の風土にあった暮らし方を大切にして、現代のライフスタイルに合うロハスライフを提案する。カフェ風精進料理のレシピ付き。
〈和西小牧〉1977年神奈川県生まれ。精進料理研究家、食養指導士。和LOHASの会理事。両親は、僧侶で精進料理家の藤井宗哲と、精進料理家・藤井まり。
 
そしてなんと嬉しいことに先週の土曜日には「まあるい毎日」のカメラマン内田さんと編集部の柳田さんがumieと事務所に来てくれたのです。
本を前にしてみんなとてもいい笑顔です。短い時間でしたが本当に楽しく、こころ温まるひと時でした。ありがとうございました。
今日はそのときの写真とお礼のメールを頂きました。たったひとつのホームページから、たった一通のメールから新しい出会いが生まれたこと、そして喜びを分かち合える仕事に繋がったことが何よりも嬉しい。そんなことが僕達のエネルギーになっていくのです。
またひとつ新しい出会いと学ぶことができたことに感謝です。
 
 
デザイン、広告業界も出版業界も厳しい状況が続いていて。特に今年に入ってからは一段とその強さを感じています。
いずれはこうなると10年前に僕は思っていた。自分たちの仕事を作ることをずっと考えてきました。umieの立ち上げ、そしてumieでのイベント、ライブなどを通じて多くの方と出会いコラボレーションして来ました。
そして僕達のやっていることを理解してもらえるようにしてきました。
自分たちの仕事を作り出すことはまだまだですが一歩、また一歩と着実に形になっていることが嬉しい。
 
 
 
 

Re-Home!
見つけよう!日々の暮らしの中から生まれる手仕事
ハンドメイド・マーケット
の準備に追われています。
今日はそのスタッフ用のTシャツのデザイン、プレゼント用のエコバッグのデザインをし、シルクプリントで一枚一枚手刷りでつくりました。
自分たちで出来る限りのことをやろう、可能性の限りを尽くそうよと僕は皆に言った。
生産性のないことかも知れないがどんなこと、小さなことでも全力で立ち向かうことが僕らにできることなのだと思っている。
そしてそんなことがきっと伝わると信じている。
これも自分たちの仕事をつくることだと思っている。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://umie.info/mt/mt-tb.cgi/1657

コメント

TOMさんへ
はじめまして、和西さんの本の装丁デザインに関われ楽しかったです。和西さんにもよろしくお伝えください。四国に来られたらumieにもぜひお越しくださいね。

初めまして。
「和西小牧」さんの名前から偶然たどり着きました。
小牧さんからブックデザインの経緯を伺っていたので、こちらのブログを興味深く拝見しました。
「兎に角、可愛く!」とお願いしたんですよ~と仰っていましたが、本当に可愛くて素敵です!!

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)