« 一期一会な時間 | メイン | Hello!mt X’mas »

2009年10月26日

もうひとつの挑戦

創樹

創樹

創樹
盆栽の町高松・国分寺町にあるオリーブ農園「創樹 SOUJU」。受け継がれた盆栽の剪定技術を活かして観賞用のオリーブの樹を育てています。
縁あってホームページの作成、 オリーブの樹につけるタグなど今後の事業の見据えたブランディングデザインに関わっています。 僕より一回りも若い農園のオーナーさん、そして始めて訪れたオリーブ農園のスタッフの方々の土にまみれて働く姿の清々しさ、美しさに感動したものです。
今年ははその農園でできたオリーブの実の初収穫、そして採れたての青い実を塩漬けしたオリーブの新漬け作りに挑戦、塩の濃度など試行の繰り返し、やっと美味しいオリーブの新漬けができました。
初めてのオリーブの新漬け作り、皆様の声を聞きたくて発売を記念してモニターを募集しています。詳しくは創樹、HPのニュースをご覧ください。

前川秀樹さん
物語る彫刻、ヴォメル・前川秀樹 像刻作品集。
umieに置いていただけますか、と美しいフライヤーを手にした前川秀樹さんが目の前にいる。桜木工所でのワークショップを終えたその夜、スチールファクトリーの槙塚君と一緒に前川さんはumieにやってきた。
いろんな本、書籍、東京など訪れたギャラリーで前川さんの作品に出会っていて、その作品から醸し出す不思議な感覚というか、今を感じるパワーの凄さを感じていた。突然に会えるなんて、うれしい事があるものだね。店長の松下もかなりの前川ファンである。アートと生活道具まで幅広い創作活動、フィールドの違いこそあれ世の中の役にたち、人に感動を与えてこその生業。柔らかなしぐさ、大きな手、まるでお坊さんのような語りに惹き込まれてしまいました。楽しい時間になりました。

「ヴォメル 前川秀樹作品集は新作を含む80点余の像刻を、気鋭の写真家・首藤幹夫氏の迫力に満ちた撮りおろし写真に前川氏自身の物語を添えてご紹介します。樹が抱く「記憶」と「物語」をひとのかたちに託した像刻群。」フライヤーより

前川秀樹さん
政治、経済もまさに変わろうとしています、そしてモノの価値や、暮らし方や、働き方や、生き方までが変わろうとしているそんな気がしています。この2,3週間、東京や小豆島や金比羅や鳥取で見たもの、感じたこと。そしてオリーブ農園やにんにく作りに接して思うこと。またリビングワールドの西村さん造形作家前川さん、オリーブアカデミープロジェクトの赤木さん、そして歌手の秋元順子さんたちに出会って受けた心突き刺す刺激の数々。
大切なのはやはり挑戦することなのだと思った。そこには人を突き動かす感動が存在している。僕たちも今新たな挑戦を始めようと動き出している。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://umie.info/mt/mt-tb.cgi/1761

コメント

Semi-Acoさんへ
久しぶりですね、最近は各分野で活躍されている方との出会いが多くなっていてとても学ぶことが多く、また刺激を受けています。umieも8年目を向かえ、さらに精進、日々を積み重ねていこうと思っています。また来春、展示会しましょう。
奥様にもよろしくお伝えくださいね。

ご無沙汰しています。
なんと!?前川秀樹氏が!!どんどんumieの、柳沢さんの世界が広がってゆくのを目の当たりにして興奮しています。
此方はずい分寒くなってきました。
皆さん風邪などひかれませんように。

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)